岩佐大輝.COM

旅するように暮らそう!

そして、生活するように旅をしよう!起業家、岩佐大輝の記録。

親の教育方針により、どんな自分が出来上がったのか考えてみる。

私が初めて外で働いてお金を稼ぐことをスタートしたのは小学校5年生の時でした。そこから中学3年まで5年働きました。えええええっ??!!どこで働いていたのーということになりますが、新聞配達をしていました。一日13件だけ!それでも、給料は月に6,000円ちょっとだったと記憶しています。小・中学生時分には、すごい大金でした。

なんで新聞配達を始めたの?と学校の先生に聞かれた時は、格好つけて「健康のため」とか「早起きは三文の徳」とか小学生ながらに取り繕っていましたが、実は本当に金を稼ぐ必要があったのです。というのも、父の教育方針で、親は衣食住以外のものを殆ど何も与えてくれなかったのです。(もちろんファミコンでさえも!!)

まったく、今考えるととんでもない親です。当時、そういう教育本が流行っていたのか、自分の戦後の貧乏暮らし経験を押し付けたのか、これは親が死ぬ前に、きっちりとに詰問してみようと思っていますが・・・笑

私が子供のころははファミコンが大ブームでした。それを手に入れたのは小学4年生の時でした。ファミコンでさえも、どうしても親が買ってくれなかったので、私はちょっと変わった手段で手に入れました。「物々交換」です。何と交換したかって??当時、ガムラツイストというガムがおまけで付いているシールが私の地元で流行っていました。私は偶然にもレアなボスキャラを当てることができました。そのボスキャラ1枚「いか天狗」とファミコン+ディスクシステムを物々交換したのです!今考えると異常な交換バランスです。

私は有頂天になりました。子供心にも「なんかバブルってこういうもんなのかな~」みたいに・・・・。その後、お約束通り、ガムラツイストは泡がはじけるように一気に飽きられて、廃れました。そのタイミングで、物々交換をした友人の親から私に電話が来ました。「あんた、うちの子供を騙したでしょ」えええええ!!!!って、オファーしてきたのは、あんたの息子だよ!と言い返す間もなく電話を切られ、ファミコンとディスクシステムは回収されました。バブルって怖い・・・・

新聞配達の真の目的は「パソコン購入」でした。当時日本で流行っていたPC88,98シリーズはデスクトップパソコンで30万~40万位したと思います。ハードディスクは1メガ1万円の時代でした。必死に働き、最後にはばあちゃんから少々援助をもらって、パソコンを購入。この時の嬉しさは、今でも忘れることができません。注文してから到着するまで、ドキドキして数日間、眠れませんでした。

そのパソコンで得たスキルが飯のタネになり、それから10数年後に私は会社を立ち上げることができたので、親としては教育方針大成功だと思っているのかもしれませんが、私はそう思ってはいません。

子供時代は子供を経験しないとダメ!!!!!!子供を生きないと大人にはなれないんですよ。

そろそろ私も子供を育てる立場になろうとしている年代ですが、自分が当事者になると、これは難しい。先輩お父さんには、子供はほっとけば育つよなんて言われていますけれども、自分が親になった時にどうしたらいいのか想像つかないんです。

過剰に子供にモノを与えるのは駄目ですけれども、岩佐家のように、まったく与えないのはどうなんでしょうか?人に健全に頼る力がつかないのではないでしょうか。やっぱり、相互依存(助け合い)のお勉強をするのも、子供時代の大切な時間なのではないかと思います。いずれにせよ功罪ありそうですよね。

子供は子供らしく、大人は大人らしくが大切ですね~

ちなみに、私が成人を迎えた後は、頼みもしないのに、親はいろんなものを買ってくれます。
どういう心境の変化なのか・・・

GWに3世代で中国旅行を敢行(過去ログ参照)するので、その時にいろいろ聞いてみたいと思います。そして、あと数年で死ぬであろう祖父と後十年ちょっとで死ぬであろう私の父に、母と私は今何が出来るだろうなどと考えていたら、面白い本を店頭で見つけました。

親が死ぬまでにしたい55のこと


旅行前に読む時間あるかなー。皆さん、両親の馴れ初め、しってますか?!!死んだら聞けないよ!^^


関連記事

コメント

非公開コメント

最新記事

地方創生キーワードはイケてる首長×よそ者×地元の名士(岩佐大輝 × 黒田泰裕 対談) 2017/08/24
同級生の林宙紀が仙台市長選に出馬したので話を聞きに行ってみたよ<後編> 2017/07/15
同級生の林宙紀が仙台市長選に出馬したので話を聞きに行ってみたよ<前編> 2017/07/15
ローカルビジネス界の異端児 2人が語る世界への挑戦<後編> 2017/04/10
ローカルビジネス界の異端児 2人が語る世界への挑戦<前編> 2017/04/10

プロフィール

岩佐大輝

Author:岩佐大輝

1977年、宮城県山元町生まれ。株式会社GRA代表取締役CEO。日本、インドで6つの法人のトップを務める起業家。 詳細はこちら≫

検索フォーム

岩佐大輝の著書

99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る

99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る

著:岩佐大輝
出版:ダイヤモンド社
発売日:2014年3月13日

Amazonで購入

甘酸っぱい経営 株式会社とNPOを併せ持つGRAモデル

甘酸っぱい経営 株式会社とNPOを併せ持つGRAモデル

著:岩佐大輝
出版:株式会社ブックウォーカー
発売日:2015年3月26日

Amazonで購入