岩佐大輝.COM

旅するように暮らそう!

そして、生活するように旅をしよう!起業家、岩佐大輝の記録。

ベンチャー企業がいつの間にか普通の中小企業になっていく理由

ベンチャー企業がいつの間にか普通の中小企業になっていく理由

今現在、中小企業と呼ばれている会社の多くは、創業時は確かに志高いベンチャー企業だったに違いない。
それがいつの間にか普通の中小企業化していってしまう。

まず、私なりのベンチャーの定義

1.プロダクトに限らず、常に何らかの新規性に価値を置く。(新規性)
2.少なくても年率20%以上の成長を前提に経営し、積極的に利益を計上する。(成長性)
3.リスクを積極的に取り、四半期程度の時間軸での赤字は問題なし。数年の時間軸では伸びている。(リスク志向)
4.クイックアンドダーティー。スピード感にあふれている。(スピード感)
5.目の前のご飯に見向きもせず、大きな収穫を目指す。(仕組み化)

そんなところでしょうか。

中小企業化は上記の裏返し化。


まず、危ないのが5番。
目の前の小さな仕事に食らいついてしまい、大物をゲットするための仕掛けづくりに時間を使わなくなる。
仕組み作りより、口銭に走る。

次に3番。
創業経営者がリスクに耐えきれなくなる。私に限らず非上場企業の創業経営者は、自らに連帯保証を課し、銀行から資金を調達する。せっかくの高い志も3年くらい経つと、保身に負けてしまう。

次に2番。
節税の罠にはまり利益を出さない構造を作ってしまう。EX)保険、過大な役員報酬。結果FCFが増えない。結果10年経営しても資本金1000万、内部留保0円というありがちなパターンに。利益からWCを補てんできないため、借入がいつのまにかとんでもなく膨らむ。

次に1番
投資にお金を割かないので、プロダクトも会社もいつの間にか陳腐化。ここで営業CFがマイナスになると、時限爆弾装置にスイッチオン。

そして4番
必要以上に慎重になり、脳みそも固まってきて、打ち手ゼロ。現状維持=現状後退の罠にはまっていく。出来ない理由を考えるようになる。


創業には何はなくても志。そして理念。ミッション、ビジョン、戦略が必要なのは間違いない。
が、しかし、志だけで食えるのはせいぜい3年。数字が付いてこなければ、創業者も従業員も心がなえる。そして志も枯れる。

一番大切なのは唯一有限の「時間」。
時間の軸は、何を考えるときにも必ず入れておかなくてはならない。
そして、経営者も従業員も優秀であればある程、「時間」=「人生」に対する意識は強い。
無駄時間に人生を投資する人はまずいない。


弊社も、あっという間に7年が過ぎ、8年目に入った。
顧客、従業員に躍動感を感じてもらえるように、ワクワクしてもらえるように。
それがもっとも大切な仕事の一つだと思っている。

審判の日は近付いている。










関連記事

コメント

非公開コメント

最新記事

地方創生キーワードはイケてる首長×よそ者×地元の名士(岩佐大輝 × 黒田泰裕 対談) 2017/08/24
同級生の林宙紀が仙台市長選に出馬したので話を聞きに行ってみたよ<後編> 2017/07/15
同級生の林宙紀が仙台市長選に出馬したので話を聞きに行ってみたよ<前編> 2017/07/15
ローカルビジネス界の異端児 2人が語る世界への挑戦<後編> 2017/04/10
ローカルビジネス界の異端児 2人が語る世界への挑戦<前編> 2017/04/10

プロフィール

岩佐大輝

Author:岩佐大輝

1977年、宮城県山元町生まれ。株式会社GRA代表取締役CEO。日本、インドで6つの法人のトップを務める起業家。 詳細はこちら≫

検索フォーム

岩佐大輝の著書

99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る

99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る

著:岩佐大輝
出版:ダイヤモンド社
発売日:2014年3月13日

Amazonで購入

甘酸っぱい経営 株式会社とNPOを併せ持つGRAモデル

甘酸っぱい経営 株式会社とNPOを併せ持つGRAモデル

著:岩佐大輝
出版:株式会社ブックウォーカー
発売日:2015年3月26日

Amazonで購入