岩佐大輝.COM

旅するように暮らそう!

そして、生活するように旅をしよう!起業家、岩佐大輝の記録。

中国旅行記録


GWは家族7人(私、母、父、じいじい、弟、いとこ、おば)で中国東北部に行ってきました。
今回嫁はお留守番です。

長春→瀋陽→大連(旅順)

移動は殆ど電車。90歳のじいちゃんが旧満鉄社員で現地徴集の関東軍でロシアとの国境警備隊だった。彼は70年ぶりに大陸の土を踏む。なみだポロポロでした。じいちゃん孝行できてよかったー。母にとっては親孝行。一つ夢がかないました。

満鉄の車窓から
<満鉄の車窓から>

・長春:とっても落ち着いた街。優秀な大学も多い。中国自動車産業の一大拠点。市区人口358万人。旧満州国の首都。『ラストエンペラー』好きにはたまらない街。
長春の風景
<長春の風景>

長春駅待合室にて
<長春駅待合室にて>

・瀋陽:中国4番目の都市。市区人口456万で東北地方最大の都市。目玉は世界遺産の瀋陽故宮でしょうか。見事なものです。清の最初の首都だったんですね。
瀋陽故宮
<瀋陽故宮>


・大連:見どころ多数。ロシア人街、日本人街、203高地(旅順)、関東軍司令部跡(旅順)
→坂の上の雲ブームで、203高地は大賑わい。旅順は軍港があるため、外国人が立ち入れる区域が極端に限定されている。下手にふらつくと、中国入国禁止の烙印を押されるらしい。こわ。昔の203高地
<昔の203高地>
それにしても、203高地、登ってみるとわかりますが、旅順港は一望でき、斜面は急。まさに天然の要害。あそこに歩兵数万で突撃し、陥落させた乃木大将と言う人は、愛すべきばかだと思いました。


203高地から旅順港を望む
<現在の203高地から旅順港をのぞむ>

ちょっとガスってて、わかりずらいですね。

いいGWでした。

続いて、中国銀行に口座開設(Bank of China)+銀聯カードについて。



関連記事

コメント

非公開コメント

最新記事

地方創生キーワードはイケてる首長×よそ者×地元の名士(岩佐大輝 × 黒田泰裕 対談) 2017/08/24
同級生の林宙紀が仙台市長選に出馬したので話を聞きに行ってみたよ<後編> 2017/07/15
同級生の林宙紀が仙台市長選に出馬したので話を聞きに行ってみたよ<前編> 2017/07/15
ローカルビジネス界の異端児 2人が語る世界への挑戦<後編> 2017/04/10
ローカルビジネス界の異端児 2人が語る世界への挑戦<前編> 2017/04/10

プロフィール

岩佐大輝

Author:岩佐大輝

1977年、宮城県山元町生まれ。株式会社GRA代表取締役CEO。日本、インドで6つの法人のトップを務める起業家。 詳細はこちら≫

検索フォーム

岩佐大輝の著書

99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る

99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る

著:岩佐大輝
出版:ダイヤモンド社
発売日:2014年3月13日

Amazonで購入

甘酸っぱい経営 株式会社とNPOを併せ持つGRAモデル

甘酸っぱい経営 株式会社とNPOを併せ持つGRAモデル

著:岩佐大輝
出版:株式会社ブックウォーカー
発売日:2015年3月26日

Amazonで購入