岩佐大輝.COM

旅するように暮らそう!

そして、生活するように旅をしよう!起業家、岩佐大輝の記録。

国、行政への不満もわかるのですが・・・・

こんにちは。岩佐です。

このブログを通して寄せられるメールのほとんどが震災復興行政に対する批判、不満。

お話を聞くと非常によくわかる部分も多いのですが、コントロールできないものに対して
不満を言い続けても生産的ではありません。もちろん、お気持ちは非常によくわかります。

月並みな言葉で恐縮ですが、
「他人と過去は変えられず。コントロールできるのは自分と未来だけ」
です。

自分のできることをやろう。どうしても批判をしたかったら、
まず最初に自分自身がポジションを取ることをお勧めします。

「私は○○の理由で○○と考えます。だから行政は○○すべきです。」

ぼろ雑巾のように叩かれても、孤高にポジションを取っていくことって、
自分の頭の中の整理にもなるし、出来ない行政の論理も理解できるようになります。

そうすることで初めて「効果的な批判」が生み出せるようになります。

さらにポジションを取ることで、人を巻き込んで元気玉をつくって、風を起こすこともできます。
今こそ私たちの底力が試されています。










関連記事

コメント

今の現状

けど、身内が亡くなった方からしたら何にも山下は何もしてくれません。生きている人が大事かもしれませんが亡くなった方も好きでなくなった訳じゃありません。山下に住んでいなきゃダメだとが一緒に住んでなきゃ死に損だねと言われてるような気がします

冷静に考えることが出来るのは身近に亡くなった方がいない人だと思います。

Re: タイトルなし

> 冷静に考えることが出来るのは身近に亡くなった方がいない人だと思います。

投稿ありがとうございます。

冷静に考えられる状況にある人は冷静に考えればいいのです。
まだまだ冷静に考えられる状況にない人は、考えなくていいのです。

おかれた環境の中で、できる人ができることをやればいいのです。
何もやらなくてもいいのです。

海外にいる人は海外にいる人なりに関わればいいのです。
山元にいる人は山元にいる人なりに関わればいいのです。
大阪にいる人は大阪にいる人なりに関わればいいのです。

何事も啓蒙はすれど、強制はせず。
このスタイルが一番大切なのです。

非公開コメント

最新記事

地方創生キーワードはイケてる首長×よそ者×地元の名士(岩佐大輝 × 黒田泰裕 対談) 2017/08/24
同級生の林宙紀が仙台市長選に出馬したので話を聞きに行ってみたよ<後編> 2017/07/15
同級生の林宙紀が仙台市長選に出馬したので話を聞きに行ってみたよ<前編> 2017/07/15
ローカルビジネス界の異端児 2人が語る世界への挑戦<後編> 2017/04/10
ローカルビジネス界の異端児 2人が語る世界への挑戦<前編> 2017/04/10

プロフィール

岩佐大輝

Author:岩佐大輝

1977年、宮城県山元町生まれ。株式会社GRA代表取締役CEO。日本、インドで6つの法人のトップを務める起業家。 詳細はこちら≫

検索フォーム

岩佐大輝の著書

99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る

99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る

著:岩佐大輝
出版:ダイヤモンド社
発売日:2014年3月13日

Amazonで購入

甘酸っぱい経営 株式会社とNPOを併せ持つGRAモデル

甘酸っぱい経営 株式会社とNPOを併せ持つGRAモデル

著:岩佐大輝
出版:株式会社ブックウォーカー
発売日:2015年3月26日

Amazonで購入